事業内容

住宅型有料老人ホーム シャローム名護

施設概要

施設内で毎安息日礼拝を持ちます。

定員:30名、居室:1人部屋20室、2人部屋5室
(電動介護ベッド、整理ダンス、冷暖房、洗面台、ナースコール付)
食堂・居間、入浴室・着替え室、洗濯室、障害者用トイレ、一般用トイレ、芝生広場、菜園

介護保険利用料

併設のデイサービスシャローム名護の通所介護サービスがご利用できます。
自己負担額:1,2割(月5,000円~75,000円)
(介護度・収入によって負担は異なります)


自然あふれる中で、神様と信仰の友との交わりを存分に楽しむことができます。

お問い合わせ

連絡先 TEL:0980-52-2515 
FAX:0980-52-2516

SDAライフスタイルを共有できる施設です。

入居対象者 要支援、要介護1~5認定者
・SDA教会員(沖縄全域、他府県)
・SDA教会員の家族、求道者
・SDA教会員以外の当ホーム理念賛同者
提供する
サービス内容
・身体介護
・生活支援
・健康管理
・服薬管理

住宅型有料老人ホームご利用料金の案内

( 1 )基本料金

項      目1ヵ月
家    賃個室:20,000円
相部屋A:15,000円 相部屋B:10,000円
食    費41,500円(デイ利用時の食費・おやつ代も含む)
施設管理費32,000円(夏季・冬季の冷暖房費も含む)
合    計個室 93,500円、相部屋A 88,500円、相部屋B 83,500円

( 2 )その他の費用

項     目利 用 負 担 額
通院介助・移送1,000円/1回
1時間以上待機の場合は、1時間毎に1,000円を追加します。
おむつ代実 費 
*持ち込み可能。その場合にはおむつ代の負担はありません。
理容・美容代実 費
家電品持込50円/日(1台) *電気髭剃り・携帯電話は除きます。
日常生活費実 費
(内訳 ティッシュ・おしぼり・エプロン・歯磨き・歯ブラシ・シャンプー・石鹸など)
*利用者・ご家族がご持参いただく場合は、日常生活費の負担はありません。
(□ 利用者 ・ ご家族持込 ・ □ 施設にて準備)

*上記の通院介助・移送は、要支援の方がご利用できます。要介護の方は、介護保険サービスでご利用できます。その際の個人負担額は、1割~3割(介護度・収入によって異なる)です。


( 3 )短期利用のご利用料金

1日3,833円(宿泊:1,000円、管理費:1,500円、食費:1,333円)
*3食含みます。但し料金の変更もあります。

住宅型有料老人ホーム
パンフレットダウンロード

利用申込書ダウンロード

通所介護事業所 デイサービス シャローム名護

心身ともに健やかにし、生活を豊かに楽しむ秘訣を体験することのできる施設です。

”デイサービス”とは、介護保険の「通所介護」の通称です。ご利用者に日帰りで機能訓練、入浴、食事、レクレーションなどをご提供します。ご自宅までの送迎サービスを含めて、一日楽しく健やかにお過ごしいただきます。

☆利用対象者
・要支援、要介護1~5認定者
☆事業の実施地域
・名護市、本部町、今帰仁村
*上記地域以外でご希望の方はご相談ください。
☆提供するサービス内容
・送迎、健康チェック、入浴、食事の提供、機能訓練、口腔機能向上、認知症ケア、栄養管理、各種レクレーション、手工芸等
☆ご利用料金
・ご利用料金表のとおりとなっています。
*介護保険からの給付サービスを利用する場合は、ご利用者の収入によって、利用料金の9割または8割が介護保険から給付されます。よって、ご利用料金は、原則として1割又は2割です。ただし、介護保険の給付の範囲を超えたサービス料金は全額自己負担となります。
☆ご利用の際に用意して頂くもの
①健康保険証、老人医療受給者証、介護保険証、医療機関の診察券等
②昼食分のお薬、入浴後の軟膏・湿布(ご使用の方)
③上履き(リハビリ靴等:動きやすく脱げないもの)
④歯ブラシ(当デイサービスで保管いたします)
⑤入浴される方は着替え一式
⑥連絡帳(ご利用当日にお渡しします)
 *オムツ、リハビリパンツ等をお使いの方は各自ご用意下さい。
 (施設でもご用意致しておりますが、費用が別途加算となります)
 *入浴の際、タオル、石鹸等は施設でご用意致します。
 *車椅子、杖等ご使用の方はご用意下さい。
☆備考
随時、見学や1日無料体験の申込を受付けています。
お気軽にお問い合わせください。

(デイご利用料金の案内) 介護予防・日常生活支援総合費

(1)提供するサービスの利用料、利用者負担額(利用者負担額:1割)

サービス提供区分利用者個人負担分額備      考
月額1回あたり
要支援 11,655円380円月単位での利用 : 週1回程度の利用(5週ある場合は5回)
回数で利用 : 月3回以下の利用(5週ある場合は4回以下)
要支援 23,393円391円月単位での利用 : 週2回程度の利用(5週ある場合は10回)
回数利用 : 月7回以下の利用(5週ある場合は8回以下)
加   算利 用 者 負 担 額算 定 回 数 等
運動機能向上加算225円1月に1回
介護職員処遇改善加算(Ⅱ) 所定単位数の43/1,000加算 基本サービス費に各種加算減算を加えた総単位数

(2)提供するサービスの利用料、利用者負担額(利用者負担額:2割)

サービス提供区分利用者個人負担分額備      考
月額1回あたり
要支援 13,310円760円月単位での利用 : 週1回程度の利用(5週ある場合は5回)
回数での利用 : 月3回以下の利用(5週ある場合は4回以下)
要支援 26,786円782円月単位での利用 : 週2回程度の利用(5週ある場合は10回)
回数利用 : 月7回以下の利用(5週ある場合は8回以下)
加   算利 用 者 負 担 額算 定 回 数 等
運動機能向上加算450円1月に1回
介護職員処遇改善加算(Ⅱ) 所定単位数の43/1,000加算 基本サービス費に各種加算減算を加えた総単位数

(3)その他の費用(利用者自己負担分)

送迎費利用者の居宅が、通常の事業の実施地域以外の場合、運営規程の定めに基づき、送迎に要する費用の実費を請求いたします。
食事代533円(1食当り)
おやつ代食事代に含まれる
おむつ代1枚あたりの単価
*持ち込み可能。その場合にはおむつ代の負担はありません。
日常生活費実費
(内訳 ティッシュ・おしぼり・エプロン・歯磨き・歯ブラシ・シャンプー・石鹸など)
*利用者・ご家族がご持参いただく場合は、日常生活費の負担はありません。
(□ 利用者 ・ ご家族持込 ・ □ 施設にて準備)
行事費300円/月

(デイご利用料金の案内) 通常規模型通所介護費

(1)提供するサービスの利用料、利用者負担額(利用者負担額:1割)

サービス提供時関数3時間~4時間未満4時間~5時間未満5時間~6時間未満6時間~7時間未満7時間~8時間未満
要介護 1364円382円561円575円648円
要介護 2417円438円663円679円765円
要介護 3472円495円765円784円887円
要介護 4525円551円867円888円1,008円
要介護 5579円608円969円993円1,130円
加     算利用者負担算定回数等
個別機能訓練加算(Ⅰ) 1回につき  46円
入浴介助1回につき  50円入浴介助を実施した日数
中重度者ケア体制加算1日につき  45円
介護職員処遇改善加算(Ⅱ) 所定単位数の43/1,000加算 1月につき

(2)提供するサービスの利用料、利用者負担額(利用者負担額:2割)

サービス提供時関数3時間~4時間未満4時間~5時間未満5時間~6時間未満6時間~7時間未満7時間~8時間未満
要介護 1728円764円1,122円1,150円1,296円
要介護 2834円876円1,326円1,358円1,530円
要介護 3944円990円1,530円1,568円1,774円
要介護 41,050円1,102円1,734円1,776円2,016円
要介護 51,158円1,216円1,938円1,986円2,260円
加     算利用者負担算定回数等
個別機能訓練加算(Ⅰ) 1回につき  92円
入浴介助1回につき  100円入浴介助を実施した日数
中重度者ケア体制加算1日につき  90円
介護職員処遇改善加算(Ⅱ) 所定単位数の43/1,000加算 1月につき

( 3 )その他の料金(利用者自己負担分)

送迎費利用者の居宅が、通常の事業の実施地域以外の場合、運営規程の定めに基づき、送迎に要する費用の実費を請求いたします。
食事代533円
おやつ代食事代に含まれる
おむつ代1枚あたりの単価
*持ち込み可能。その場合にはおむつ代の負担はありません。
日常生活費実費
(内訳 ティッシュ・おしぼり・エプロン・歯磨き・歯ブラシ・シャンプー・石鹸など)
*利用者・ご家族がご持参いただく場合は、日常生活費の負担はありません。
(□ 利用者 ・ ご家族持込 ・ □ 施設にて準備)
行事費300円/月

デイサービス
パンフレットダウンロード

利用申込書ダウンロード

居宅介護支援事業所 シャローム名護

居宅介護支援事業所 シャローム名護 外観

居宅介護支援事業は、介護保険法令に従い要介護状態にある利用者が、その有する能力に応じ、可能な限り居宅において自立した日常生活を営むことができるよう、適正な居宅介護支援を提供することを目的とします。

営業日及びサービス提供時間

営業日
月から金曜日(但し年末年始(12月31日~1月3日)を除く)
営業時間
午前8時30分~午後5時30分
サービス提供時間
午前9時00分~午後5時
*ただし、緊急時の場合は時間外の対応も行います。
*台風接近時、災害時等は利用者の安全を優先して休む場合もあります。

居宅介護支援の内容

  1. 居宅サービス計画の作成
  2. 居宅サービス事業者との連絡調整
  3. サービス実施状況把握、評価
  4. 利用者状況の把握
  5. 給付管理
  6. 要介護認定申請に対する協力、援助
  7. 相談業務

①~⑦の内容は、居宅介護支援の一連業務として、介護保険の対象となるものです。

サービスの利用方法

  • STEP01

    利用申込み

    TEL:0980-52-2515 
    FAX:0980-52-2516

  • STEP02

    重要事項の説明

    当事業所に関すること、サービスの内容に関して説明を行います。
  • STEP03

    契約を結ぶ

    事業者の選定をします。
  • STEP04

    サービス計画の作成

    状況の把握
    利用者本人や家族に面接し、抱えている問題点や解決すべき課題を分析します。利用者の了解を得た上で、主治医の方に意見をお尋ねすることがあります。

    計画原案の作成
    サービス計画の内容、利用料、保険の適用など一切をご説明し、了解を得ます。なお、利用者は利用する居宅サービスの作成の際、当該地域における指定居宅サービス事業者に関する情報や居宅サービス計画原案に位置付けた指定居宅サービス事業者等の選定理由の説明を求めることが出来、利用者が事業者を選びます。

    サービス担当者との連携・調整
    介護支援専門員を中心に、サービスの担当者や利用者本人・家族も参加し、意見交換等を行います。

    介護サービス、計画の作成
    介護サービスの目標、サービスの種類・内容など介護サービス計画はサービスを受ける利用者の希望や心身の状態をよく考慮して作ります。

    利用者の同意
    計画の内容が利用者の希望に沿っているか確認します。
  • STEP05

    利用開始

    利用者やご家族と毎月連絡を取り、サービスの実施状況の把握を行い、サービス提供業者と連絡調整を行います。また、利用者が病院等に入院する必要が生じた場合、利用者又はそのご家族が当該病院に担当の介護支援専門員の氏名及び連絡先を伝えます。
  • STEP06

    給付管理票の作成、国保連合会への提出

  • STEP07

    必要に応じて居宅サービス計画の変更する

  • STEP08

    定期的な再評価とサービスの実施状況の把握

利用料金

要介護または要支援認定を受けられた方は、介護保険から全額給付されるので自己負担はありません。
ただし、保険料の滞納等により保険給付が直接事業者に支払われない場合、1ヶ月につき要介護度に応じて下記の金額をいただき、当事業所からサービス提供証明書を発行いたします。
このサービス提供証明書を後日保険者の窓口に提出しますと、全額払戻を受けられます。

【基本利用料】

介護支援専門員取り扱い件数40件未満の場合

居宅介護支援費
要介護1 ¥10,570
要介護2
要介護3 ¥13,730
要介護4
要介護5

【加算料金】

以下の要件を満たす場合、上記の基本利用料に以下の料金が加算されます。

加算の種類(加算の要件) 加算額
初回加算
新規に居宅サービス計画を作成する場合または要介護状態区分が2区分以上変更された場合
¥3,000/月
入院時情報連携加算Ⅰ
利用者が病院等に入院後3日以内に入院先の病院等の職員に対し、必要な情報を提供した場合
¥2,000/月
入院時情報連携加算Ⅱ
利用者が病院等に入院後7日以内に入院先の病院等の職員に対し、必要な情報を提供した場合
¥1,000/月
退院・退所加算
入院・入所期間後の退院・退所に当たって、病院・施設等と必要な情報の提供等連携を行った場合
連携1回
(カンファレンス参加 無)
¥4,500/月
連携1回
(カンファレンス参加 有)
¥6,000/月
連携2回
(カンファレンス参加 無)
¥6,000/月
連携2回
(カンファレンス参加 有)
¥7,500/月
連携3回
(カンファレンス参加 有)
¥9,000/月
小規模多機能型居宅介護事業所連携加算
利用者が小規模多機能型居宅介護支援の利用へと移行する際に当事業所が有する利用者の必要な情報を小規模多機能型居宅介護事業所に提供した場合
¥3,000/月
緊急時等居宅カンファレンス
病院等の求めにより、当該病院等の職員とともに利用者の居宅を訪問し、カンファレンスを行い、必要に応じて居宅サービス・地域密着サービスの利用調整を行った場合
¥2,000/回
ターミナルケアマネジメント加算
末期の悪性腫瘍であって、在宅で死亡した利用者(在宅訪問後、24時間以内に在宅以外で死亡した場合も含む)
¥4,000/月